チューニング

 

『どうもうまくチューニングが合わない。有名メーカーのチューニング・メーターで慎重に合わせてあってもハイポジに行くにしたがい狂っているように聴こえるし、あるコードでは綺麗な和音になるが別のコードでは気持ちの悪い響きに聴こえる。自分の耳が悪いのか、ギターに問題があるのかが判らない。』そんなお話をよく耳にいたします。

そこで、私のやっている合わせ方を公開いたしますので、一度お試しになられてはいかがでしょうか。

 

 

 

1)開放の音を合わせる

ごく普通にチューニング・メーターを使い開放弦6本を合わせます。実は針やLED、表示セント数が真ん中やゼロを示していてもチューニング・メーターの表示は意外にアバウトです。これだけでは上から下までピッタリという事にはなりません。とは言っても、ローポジションで演奏する限りは大きな問題は無い程度のアバウトさですので、メーカーの責任ではございませんよ。

 

 

2)ポジション#1の確認

昔から教則本に掲載されている合わせ方です。ここからは耳で合わせましょう。でも、複数の楽器でアンサンブルする方は5弦の開放だけはチューニング・メーターで時々確認しましょう。5弦は動かさないのが基本と思っていただいても良いでしょうね。

 

 

3)ポジション#2の確認

ハイポジションの確認です。1弦と6弦のズレが特に感じられるのではなかろうかと思います。ポジション#1と同様に5弦開放の確認をお忘れなく。

 

 

4)ポジション#3の確認

もう一度ローポジションの確認ですが、ここはオクターブ違いです。6弦は微妙に低めに、1弦は微妙に高めにと意識して合わせると全体的に心地良く感じたりします。人は低い音はシャープ気味に、高い音はフラット気味に聴こえるものだと友人の調律師から聴いた事があります。(ホントかウソかは分りませんよ〜)

 

 

5)そしてCを弾いてみよう

 

上記の3つのポジションを順番に合わせろという意味ではございません。ギターの構造上、すべてのポジションで絶対的に正確にチューニングする事は不可能です。これらの各ポジションで平均的に、違和感の無いように何回か合わせる事でネックの上から下まで心地良く感じるチューニングが出来ると思います。この3つ以外にも分かりやすいポジションがあれば試される事をお勧めいたします。それでは今日から上から下まで心地良く弾いてみましょう!