サドルトップの造り方


皆様の様々なお問い合わせから、非常に多くの方がご自分でサドルを造っていらっしゃるように感じています。少年の頃の工作好きが高じてこの仕事をやっている私ですので、そのような方達のご参考になればとサドルトップの造り方を公開いたします。削り粉を吸い込む事は健康的に好ましくありませんので、マスク着用と充分な換気を守って下さい。掃除機をご用意いただき、粉を掃除しながら作業をするようにお勧めいたします。



サドルのスロットに合わせて形成し、高さも計測し形成したところからスタートします。ピッチも確認しトップの部分に鉛筆で峰となる部分を書いておきます。


荒削りしますが、私の使うヤスリは2種。


こちらは半丸。


こちらは平。


万力にはさんで2弦と3弦の境のブロック部分から削り始めます。平ヤスリを使います。


まずはここまで。慎重に、ブロックのエッジをかっこ良く造ります。


次に、1弦に向かう峰の部分のカーブを削り込みます。半丸ヤスリの丸い方で。


こんな感じになります。仕上げでスムースに繋がりますので、あまり神経質にならなくても大丈夫ですよ。


1弦部分の傾斜を造ります。ヤスリは立て気味にした方が明るい音が出ます。


こんな感じです。


次にサドルをひっくり返して、2弦と3弦の境のブロックの反対側を造ります。ヤスリは平に変えます。


こんな感じです。傾斜は完成形にまでは追い込みません。私は実際にギターに取り付けて音を確認しながら傾斜を変えるようにしています。


半丸の平の方を使ってここまで削ります。鉛筆で書いた峰部分に合わせて削り込みますが、あまり神経質になる必要はありません。多少のズレでもピッチはそれほど変わりません。


1弦の背面側を造りますが、まずは2弦から1弦へのカーブを半丸ヤスリの丸側で造ります。


こんな感じです。


1弦の背面側を造ります。


峰部分はこんな感じです。


サドルをひっくり返し、3〜6弦の手前側を造ります。コツは背面側と同様です。


こんな感じです。


仕上げに入ります。サンドペーパーで表面をスムースに仕上げます。だんだん細かくして行きますが、#800までで充分と思います。


コンパウンドでピカピカに仕上げましょう。


完成!


2減と3弦の間のブロックはこんな感じ。


2弦から1弦へのカーブはこんな感じです。



実際の私の処置の中では、この後に背面側の形状や手前側の傾斜の立て方を微調整する事があります。音を聴きながら少しずつ削って6本の音色バランスを整えるのですが、完成後の音がご納得出来ているのでしたら、無理に微調整する必要は無いかもしれません。あまり神経質になりすぎると、どれが良い音だったのかが判らなくなり、ここまでの苦労が水の泡になってしまうかもしれませんので、ご注意下さい。修正はせず、新しいものを造ってみて音の違いを確認して慣れて行く方が楽しいかもしれませんよ。