Repair File #495

P-PROJECT PST-1V

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

シールドプレート取り付け、トレモロ分解調整、コンデンサー交換、他にネックポケットなどひと通りの点検をして欲しい。そんな依頼です。ネックポケットには問題が見られませんでした。トレモロはオーナーさんと色々検討した結果フィッティングで調整です。オーナーさんからは、鳴りがアップし、サスティンも伸び、とても満足とのメールをいただきました。トレモロのセッティングはそれなりにシビアです。キチンとセッティングすれば音もキチンとなります。三重からの依頼でした。

 

一見フローティングさせている状態に見えますが、これはトレモロ固定ネジの締め過ぎでした。6点支持のものと異なり、ネジの首に切り欠きがあり、そこへのトレモロの納まらせ具合はシビアです。この状態ではこんな感じ

 

 

ネジとトレモロのあたり具合をキチンと整えるとキレイにフィッティングします。この状態はこんな感じ。僅かなネジの締め加減です。フローティングさせる場合は、このままでボディ裏側のスプリングハンガーを調整するだけです。

 

 

ボディキャビティには導電塗料が塗られているので、ピックガードにアルミプレートを取り付けてシールディングの強化をしました。

 

 

左がオリジナル。トーンの絞り加減を気にしだすと、コンデンサーの質が気になってくるものです。今回はオレンジドロップをチョイスです。

 

 

 

<戻る>