Repair File #478

Martin 000-28EC (856229)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

経験が浅く、何をどうすれば良いのかはまったく判らない。『ともかく診てもらえ』と私の友人につれて来られたオーナーさんの正直なお考えでした。はい!お任せ下さい。まずは純正の状態でのフルポテンシャルをご経験していただき、頃合をみてチューンナップをいたしましょうね。ただ、ペグだけはゴトーのオープンタイプを実際に触っていただいたところ、『交換して下さい。』との決定をご自分でなさいました。早速、一歩前進ですね。(笑)ナット修正、サドル修正、ブリッジ修正、ペグ交換です。出来上がりを弾かれたオーナーさんは『今の自分には充分です。』との事。そうですね、焦らずまったりと参りましょう。

 

 

個人的な考えですが、ギターの反応は今の自分にとって若干の負担がある程度が良いと思います。良いギターは良い弾き手を育てます。コリアンが悪い素材だとは決して思いません。

 

 

ミカルタもナット同様に悪い素材とは思いません。でも、キチンと弾き手に合わせておかなければ、例え象牙を使用したところで何の効果も得られないのではないのでしょうか。素材はないがしろには出来ませんが、セッティングも同様に大切ですね。

 

 

 

<戻る>