Repair File #474

Gibson J-45 (00680003)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

J45です。お任せチューンです。ナットは迷いに迷った結果デルリンに決定。サドルは牛骨です。ともかくこの先なが〜く使えるようにとの事です。ナットは接着剤がずいぶんな状態に残されていて、しっかりとクリーニング。ネックに若干のねじれがありましたが、フレットのすり合わせで対応、ブリッジピンのフィットとピンホールの弦ガイドを整えて出来上がり。それとペグがクルーソンに交換してあったのにブッシュがオリジナルのままという事だったので、クルーソンのブッシュに交換しました。細かい事かもしれませんが私はこだわります!しかし、近年のギブソンは気持ち良く鳴るようになりますね。栃木からの依頼でした。

 

 

交換前の画像です。一見何でもないように見えますが。。。。

 

 

外してみたらこの通り!指板側にも接着剤が不均等に残っていますね。下地もボコボコでした。

 

 

クリーニング後の画像です。ここの下地は命のポイントです。

   

交換後の画像です。自分でもホレボレします。お預かり前は1Fの弦高が低すぎてギブソンらしくガツンと弾く事が出来ない状態でした。ちなみに1/0.25 2/0.35 3/0.20 4/0.20 5/0.30 6/0.45というセッティングでした。

 

 

横から見たところ。

   

出来上がり後のブリッジです。

   

 

<戻る>