Repair File #437

Gibson J-45 (Y6893 29)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

53年の45です!点検して悪いところはすべて治して欲しいというお任せチューンですが、あまりのひどさに驚きました。都内のビンテージショップで購入されたようです。詳しくは下記で。出来上がりは芯が増加し、豊かでドライなサウンドになりました。6弦なんか『ドスン!』って感じです。岡山からの依頼でした。

 

 

ナットはオリジナルのデルリンのようですが、何か変です。ナットの下に板のような物が見えますし、サイドも汚れがひどいですね。

 

 

やはり、何か入っていますね。かさ上げしているようです。な〜ぜ?

 

 

ナットを外して驚きました。板だけではなく、何やら紙まで入っているではありませんか!接着の仕方もメチャクチャです。1Fを追い込み過ぎて高さが足りなくなってしまったのか、どこからか手に入れたデルリンナットを汚いながらも形だけでも整うように取り付けたのかもしれません。こんな取り付け方でもオリジナルナットという事になり、販売価格が高くなるんでしょうかねぇ。右の画像がクリーニング後です。

 

交換後です。素材はデルリンです。

   

ナットは接着されていました。接着剤が底面一杯に厚く残っていますよね。気泡まであったりして、ひどい処置です。

   

本来ショートサドルの年式ですが、ロングに改造されていました。上記の状態からサドル取り付け溝を修正し、新しいサドルに交換しました。接着なんしていません!はめ込みです。でも、手で引っ張っても抜けませんよ。

 

<戻る>