Repair File #417

Epiphone Bob Marley LP-SPL

(U04031358)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

高価な楽器ではありませんが、松本さんの考える『初期調整』を施して欲しい。そんな依頼です。信じられないかもしれませんが、以下で説明している調整内容は、この楽器を私が販売した時に施す初期調整(無料)です。どのような状態になるのか興味のある方はメールください。神奈川からの依頼でした。

 

 

まず、ペグのトルク調整です。同じような感覚で弦を巻き上げる事が出来るようになっていないと合わせにくいですからね。

 

 

ネックの調整とナットの修正です。1Fの弦高はオーナーさんとの打ち合わせで決めます。ナットは出来る限り磨き上げます。

 

 

未調整では、サドルの高さが指板のアールと合っていないです。知っていました?サドルの溝にヤスリを入れて高さを合わせます。同時に溝の角度を調製して音色のバランスを取ります。弦高とオクターブピッチも合わせます。

 

 

テールピースの調整です。私が最も気にしている事は『サスティン』です。最もサスティンの出るポイントにします。

 

 

最後にピックアップのバランスを調製します。2ハムの調整ポイントは、刻めるフロント、主張するリア、ゾクゾクするような美しいセンターです。

 

<戻る>