Repair File #405

Martin D-28 (292907)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

D-28のお任せチューンです。個人的に大好きな年代なのでうれしくなっちゃいました。(謝)変な言い方だと思いますが、かなりまともな状態です。でも、適当なセッティングにされているので、ちょっと芯が足りなく感じました。ナットとサドルは象牙に交換、ブリッジピン交換、フレットすり合わせ、ブリッジピンホール修正で、芯が出てまいりました。70年代前半の音はこうこなくちゃ!やはりこの音好きです!!

 

 

処置前のナットです。弦が溝にもぐり過ぎています。

 

 

処置前のブリッジ周りです。サドル、ピン、ピンホールの調整が甘い為に、細い音になっています。

 

 

私のオリジナルシェイプのサドルです。(高いですよ〜!/笑)

 

 

 

<戻る>