Repair File #404

R&Bell Uplight Bass

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

もう少しストレスなく弾く事が出来ると嬉しい。そんな依頼です。診たところブリッジが一番下まで下がっていますが、ナット部がまだ高すぎて、非常に押さえにくいです。ナットとブリッジの溝を修正して、弦高を下げてみると、はい!押さえやすくなりました。ジャズ系でありがちなB♭のスケールでチェックし、『OK!』です。コントロールもオーナーさんがご自分で交換されたのをやりなおし、出来上がりです。

 

 

アップライトのようなクラシック系の楽器の弦高は、調整の幅を広く取って出荷されるのが通常です。つまり、弦高はメチャ高いです。画像のように下げれば、非常に押さえやすくなります。

 

 

ブリッジ部も溝を修正しました。もぐってしまった弦が適度に露出するように、トップ部も修正しました。このブリッジの下にはピエゾが装着されています。

 

 

交換したコントロール部です。スペースがこれだけありますから、まだ改造の余地はありますね。

 

 

 

<戻る>