Repair File #396

Citation CIT-9002 (74101714)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

とある楽器店で、デッドストックの12弦を手に入れました。チューニングするとブリッジ後方に浮きが出ます。使えるようになりますでしょうか。そんな依頼です。ブリッジを貼りなおし、ピンホールの修正まででしたが、なかなか弾きごたえのある12弦です。総合板のようですが、気にさせないような鳴りですね。素性や年代は私にも分かりませんが、時間が造った音でしょう。12弦で弾ける曲は、え〜と『ホテルカリフォルニア』でしょ、『テイクイットイージー』もね、そして『冬の散歩道』でしょ、おっとオーナーさんが一番最初に弾きたいとおっしゃっていた『名前の無い馬』。はい、満喫いたしました。東京からの依頼でした。

 

 

小さな画像が、お預かり時の状態です。ネジがブリッジプレートにめり込んでいます。どうやら浮いたブリッジをネジを締め込んで何とかしようとした様です。ブリッジはほんのわずかな浮きのようなので、接着剤を充填してみましたが、チューニングしたら『メキメキ』と浮き出しました。え〜???何故?よ〜く調べてみると、造られた時トップの塗装を剥がさずにブリッジを接着してあり、その塗装がブリッジの底面に貼付いたまま、剥がれ出しています。私が剥がれはわずかと判断したのは、塗装とブリッジの隙間をチェックしていました。塗装ごとブリッジを剥がし、クリーニングして貼りなおしです。チェックミスですね。。。。

 

 

ブリッジトップのネジ隠しのドットです。周りがガサガサになっていますが、手を入れたのが明らかですね。

   

出来上がり画像ですが、ネジ隠しのドット周りを埋めて修正いたしました。もちろんドットは、下から押せば簡単に外れるように修正いたしました。

   

 

<戻る>