Repair File #383

Martin D-18V (816711)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

あくまでも個人的な感想

最近、自分のギターの弦高が高めかなと思いはじめました。ナットとサドルの交換をし、弦高をフィンガー用にして欲しい。そんな依頼です。診たところ、オーナーさんは間違っていません。高いです!サドル、ナットを交換し、ブリッジピンホールを修正して出来上がり。音圧低下もさほど気になりません。スキャロップの豊さが、弾き手にやさしいバランスを造ってくれます。アコースティックブルース系がお好きとの事なので、『自転車ラグ』でチェックしてみました。神奈川県藤沢市からの依頼でした。

 

 

ナット交換後です。牛骨をチョイスいたしました。

   

サドル交換、ブリッジピンホール修正後。今回のポイントは、オーナーさんがマーチンのマーキス弦をお使いになりたい事です。工場出荷のままでは、飾り糸が邪魔でピンが入りません。ピンホールの修正が必要でした。

   

横から見たブリッジです。サドル形状、ピンホールの状態がお分かりいただけますでしょうか。

   

 

<戻る>