Repair File #380

 

 Martin D-28

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

あくまでも個人的な感想

ボディ内、ブレイシングの浮きがあるのだと思います。ボディを叩くと異音がします。そんな依頼です。診たところ、バック側の2番、3番、4番の各々両サイドに浮きを見つけました。接着剤を充填し、ジャッキとクランプで圧着して出来上がりです。秋田からの依頼でした。

 

 

画像は、3番を接着中のところです。私的な事ですが、この『木製グリップ』のFクランプがお気に入りです。

 

 

中はジャッキで押さえてあります。クランプとバランスを取って圧着します。ボディへ余計な圧力がかからないように細心の注意が必要ですね。

   

自作のジャッキです。今回の作業をきっかけに新調いたしました。

 

<戻る>