Repair File 357

 

 Martin D-28 (815182)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

 

あくまでも個人的な感想

私の生徒さんのD−28です。ウデがついてきたのでチューンを決意です。ナットとサドルをマンモスアイボリーに交換し、チョットだけ反応を上げるという依頼です。フレットの減りもあったのですり合わせをして、ブリッジピンホールの弦スロット角を修正し音圧をアップさせたら、あれれ?!何だか凄く速い反応になってしまいました。力強いローと鈴鳴りのハイです。さすがマーチン28!!可能性を充分秘めているんですね。せっかく良い音になったのですから生徒さんには頑張っていただきましょう!(笑)

 

マーチンのナット外しはなかなか難しいのですが、今回は珍しく楽(3時間位)でした。いつもこうだと嬉しいのですが。。。

出来上がりの画像ですが、まだまだ追い込む余地はあります。今回はここまででストップです。意外かもしれませんが、ブリッジ周りの作業は驚くほど音が変化します。工場出荷状態はクリアランスを残した半完成状態かな?と個人的には思っています。

 

<戻る>