Repair File #354

 

  Martin D-45 (825796)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

 

あくまでも個人的な感想

弦の新古問わず1と2弦がつまっているようだ。6弦の深みが足りない気がする。ナットとサドルの交換で治るものなのか。そんな依頼です。診てみたところ、確かにオーナーさんのおっしゃる通りの状態です。6弦の力の無さは『あれ?』って感じです。ナット、サドル共にマンモスアイボリーに交換し、ブリッジピンホールの修正、ネックのアジャストで『キングオブマーチン』である45サウンドが出ました。きれいな音ですよ!大阪からの依頼でした。

 

一番の問題点がこれです!接着剤でしょうか、ひどい状態のサドル底面です。

向こう側がオリジナル、手前が交換する為に造ったものです。ピッチ補正の様子が見えますでしょうか。

ブリッジピンはオーナーさんが象牙の物に換えてあります。この為にちょっと甘めの音がしていましたが、折角ですからこのピンのキャラがつぶれないようにサドルを加工しました。

交換後のナットです。こちらでも象牙ピンのキャラを生かしての溝切りをしました。

 

<戻る>