Repair File #347

Fender Japan ST62 (P058949)

詳しい内容についてのお問い合わせは info@ba-na-namoon.com

 

 

あくまでも個人的な感想

フェンダージャパンのストラトも、ここまで手を加えれば気持ちの良い音がします!特にクリーンのハーフトーンは、ゾクッと来ちゃいますねぇ。シールドの効果は、チューブアンプのフルドライブでも平気だし、オーバードライブの2連装も問題なし!!北海道からの依頼でした。

コントロール交換、キャビティ・シールドの依頼です。前回、振動系をチューンしたので、今回は残っている電気系チューンです。ピックアップのワイヤーの編込みにご注目を。

この画像はチューン前です。(言われなくてもわかりますね、すみません)

これがチューン後。

それでは、キャビティのシールドに取掛かります。まず、キャビティを掃除して。

銅箔をカットしたところです。これらを貼付けます。

貼付け終了!つなぎ目はハンダで処理してあります。

ピックガードの裏には、アルミのシールド板を装着いたします。

これですよ、アルミ板は。

<戻る>