フラットピック


私もそうですが、皆さんお気に入りのピックはそれぞれにあって、ギターをお楽しみと思います。『これしかない!』だったり『この曲はこれ!』だったり。そこで、バナナムーンのピック捜索班で探した『弾性』、『芯』、『抜け』の要素がバランスよく感じたもの達を紹介いたします。あくまでも個人的趣味での選択でございますので、ご理解下さい。


これらは今では入手出来ないものばかりですが、個人的にお気に入りのものです。それぞれ1〜2枚程度しかなくて使うのがもったいなくて困っています。


地元のピック研究家(?)捜索班最高顧問の方からいただいたもので、古いギブソンです。芯があるのにもたつきが感じられない優れものです。いわゆる黒の代表サウンド。


手持ちの中にあった古いフェンダーです。70年代から80年代にかけてのものと思われます。抜けが良く反応がずば抜けていますので、細かな刻みにはうってつけですね。いわゆる白の代表サウンド。



ここからは現在入手出来るものの中でお気に入りのものです。


別コンテンツでも紹介させていただいたghsですね。分離の良さが特徴です。


捜索班関東担当の友人が買って来てくれた都内の有名楽器店のオリジナルです。白サウンドの中では芯が最も強いですが、切れも良いです。


捜索班最若手の地元同業の友人が都内の有名楽器店でみつけてきたチャーモデルです。チャーさんがご愛用かの確認は出来ていませんが、とりあえずチャーモデルです。切れがとても良いので実際にお使いの可能性は大ですね。


関西の別働隊長が探して来たシーラカンスです。エボナイト製で、現在入手出来る黒サウンドではピカイチでしょう。ギブソンのように芯があるのにもたつきません。西部隊からの情報ですが、製造している所は都内です。