<Home> <Mail>

 

アジャストロッドカバーのネジ穴修正

 

よくある修理の中で、ギブソンのヘッドにあるアジャストロッドカバーのネジ穴ゆるみ修正方法です。きちんと治しておかないとカバーが共振してイヤなノイズがする事があります。

 

 

細丸やすりで穴の中の溝を削り取ります。凸凹があると埋める木の接着が甘くなってしまいます。

 

 

削り終えた様子です。使うネジよりちょっとだけ太めにしておきます。

 

 

埋込む木を用意します。これはメイプルです。爪楊枝やマッチ棒はあまり使わない方が好ましいです。ネジを入れ込む時に木目にそって裂けてしまい、ネジが効かない状態になりやすいです。使う木目はこの方向です。

 

 

接着剤を穴に充填し、木を埋込みます。

 

 

接着剤が乾いたら、出ている部分をカットします。

 

 

ネジより少し細い穴をあけてから、カバーの上の方を止めているネジを利用してタッピング(ネジ溝切り)します。

 

 

ご覧下さい。ネジ溝が切れているのが、お分かりいただけると思います。

 

 

ネジ穴のエッジを面取りしておけば、ネジを入れ込む時に塗装を割ってしまうトラブルを回避できます。私はミニルータ−でやりますが、ドリルビットでも面取りができますよ。(切れないビットでは失敗しますので、ご注意を!)

 

 

面取りした状態です。

 

 

ネジのゆるみが起こった原因を処理します。ナット側のネジは、アジャストロッドにあたる為にカットされています。画像のようにカットされていて、バリの出ているままネジ込まれた為に、穴が広がってしまったのです。

 

 

ヤスリでカット面をきれいに仕上げます。穴を傷めないような形状ならばOKです。

 

 

取り付ける際の注意です。まず、ドライバーをゆるめ方向に回し、ヘッド側に切られている溝の入り口とネジの溝入り口をを合わせてから、締め方向に回し始めます。入り口が合ったところで『コツン!』と音がしますので、すぐに分るはずです。