ネック歪み例

 

ネック歪みの例を公開いたします。ネック・セッティングは演奏スタイルや弾く強さで様々な状態が考えられますので、こうでなくてはいけない、こうなっていてはいけないというつもりで公開しているのではございません。もし気になるのであればリペアマンに相談しましょう。そういう意味でこれが皆様の判断の目安になれば幸いです。ヘッド側からの確認が通常ですが、画像での確認が容易ということでボディ側からの画像にいたしました。ご自分で確認なさる時には、非常に不安定になると思いますのでギターを落とさないように、ヘッドを周りにぶつけないようにご注意下さい。椅子などではなく、床に座った状態で見るようにすれば良いと思います。

 
 

まっすぐ

写真は私のマーチンD35です。これでは強く弾いた時にバズリやすいという考え方がありますが、私の場合はフィンガー・セッティングですので本当にまっすぐになっています。ハード・ピッカーの方には不向きな状態かもしれません。もう少し順反りでも許容範囲と言えると思います。

 

順反り

非常に素直な順反りです。

 

 

逆反り

これも非常に素直な逆反りです。この状態ではロー・ポジションでバズリやすいのがお分かりいただけると思います。